パルクールのzenの筋肉がスゴイ!ジャンプ力が半端ないのは?あそこだった!

パルクールのzenくんのジャンプは見たことありますか?

ものすごいジャンプ力です!

いったい、どこの筋肉を鍛えたら、あのようにジャンプができるんでしょうね。

まずは動画を見てzenくんのあそこに注目してください。

スポンサーリンク

パルクール zenの筋肉がスゴイ!

zenくんのジャンプを見て。

このジャンプは、どれくらいの筋肉があればできるのでしょうか?

まずは、ジャンプの推定距離を測ってみました。

直線距離は丸い池の淵の一番上の煉瓦が約8個分だと思います。

 

一番上の煉瓦の下に普通サイズの煉瓦が重なってますね。

一番上の煉瓦1個の下に普通の煉瓦が3個分です。

 

普通の煉瓦は約21㎝です。

21㎝×3個=62㎝

62㎝×8=496cm(約5m)

 

5mをジャンプして池を飛び越えてます。

全国ジュニアオリンピックの標準記録は5mです。

凄すぎます!!!

zenくんの筋力は計り知れないものがあります。

どこの筋肉を鍛えたらzenくんのように飛べるようになるのでしょうか?

スポンサーリンク

パルクール zenの筋肉のように鍛える

ジャンプで必要な筋肉は大腿四頭筋・縫工筋・内転筋です。

zenくんのように飛びたいなら、大腿四頭筋・縫工筋・内転筋を鍛える必要があります。

どうやって鍛えるの?

大腿四頭筋を鍛える

スクワットで強化できます。

このような姿勢を一定時間ストップして筋力を鍛えてください。

 

縫工筋を鍛える

縫工筋は、『ほうこうきん』と読みます。

このように足を畳み込んだ姿勢で縫工筋は鍛えれます。

 

内転筋を鍛える

内転筋はダイエットにも効くと言われている筋肉です。

このように片足を前に出し、片方の足を上げたポーズで内転筋を鍛えてみてください。

zenくんのようにジャンプができるようになりたいですね!

あそこに注目といいましたが『どこ?』

zenくんのジャンプ力をもう一度、見てあそこに注目してみましょう。

スポンサーリンク

パルクール zenのようにジャンプ力

あそことは、着地した時のモモも含め足の全体です。

着地をした時の足を見ると大腿四頭筋・縫工筋・内転筋が強いことが良くわかりますよね。

まったく、脚がブレてないんです。

着地した時にピッタっと止まって、まるで体操選手の演技のようです。

それにしても凄すぎるジャンプ力ですね!!

zenくんと同じようにジャンプはできないかもしれません。

しかし、鍛えることによりzenくん風には近づけると思います。

家や近くの公園でも簡単にできるので、まずはモモを鍛えましょう!

まとめ

最初にzenくんのジャンプを見てもらいました。

煉瓦の長さから推定して約5m飛んでいました。

凄いジャンプでしたね!

では、どこの筋肉を鍛えたらzenくんのようにジャンプ力がつくのでした?

 

それは、大腿四頭筋・縫工筋・内転筋を鍛えることでしたね。

スクワットなどで鍛えましょう。

 

最後に、もう一度zenくんのジャンプを見ました。

着地をした時の足が、まったくブレてないことがわかったと思います。

それだけ筋力がある証拠です。

 

鍛えたら実践しましょう。

でも、いきなり池などで練習したらダメです。

クッション性のある所で、まずは小さいジャンプから練習をしましょうね。

zenくんは言ってます。

『無理はしない。できるレベルからやりましょう。』と。

zenくんだって、最初から飛べたわけではないですからね。

 

『これくらい飛べたよ!』とかのコメントくださいね。

それでは、またです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です