嵐が活動休止する理由は大野智の就職先とBTS x TXTのコラボがコケても負けない強さがあった

2020年12月31日をもって、日本のアイドル『嵐』が活動を休止します。

2019年1月27日に発表されました。

『スマップ』が解散し、『嵐』までいなくなるJ-POP。

さみしいね。

それに対し、K-POPは2019年1月に防弾少年団の弟分TXTがデビューすることを発表。

しかも、活躍場所は韓国や日本のみならず世界を視野においてます。

いったい、J-POPはどうなっていくの?

K-POPと何が違うの?

スポンサーリンク

嵐の活動休止はなぜ?

2019年1月に活動休止の決め手は嵐のリーダー大野智。

大野君は『自由の生活がしたい』

『一度、立ち止まって自分を見直してみたい』と言いました。

この言葉は真意だと思います。

リーダーではあるけど、ボケ役の多い大野君。

大野君は、自分に力があまりないことを知っているんだと思います。

  • 何をやっても上手い桜井翔君。
  • 紅白歌合戦の司会も立派にこなす相葉雅紀君。
  • 超イケメンで俳優でも活躍できる松本潤君。
  • 二宮和也君はどう説明していいかわかりませんが、ぼんやりと上手くいきそう。
  • メンバーみんなから支えてもらって、ここまでこれたことを誰よりも知っている大野くん。

トップアイドルのリーダーとして突っ走ってきた20年間。

さすがに、疲れたのではないでしょうか。

他のメンバーは、2021年以降もさまざまな形で活躍できると思います。

それに対して、大野君は芸能活動を休みます。

大野君は『怪物くん』のドラマはよかったが、それ以上の良い所はあまりなかったように思えます。

  • ただただ天然ぶりがウケてただけのようにも感じました。
  • そんな自分の不甲斐なさも感じていたんだろうと思います。

しかし、大野君には他の才能を感じました。

きっとジミー大西のように何か芸術に長けた活動で活躍していくのではないでしょうか。

でも、なんだかんだ言って大野君がいたからこその『嵐』だっとことは間違いありません。

大野君のいない『嵐』は考えられない。

今回の活動休止は、とてもいい判断だと思います。

大野君も40歳になろうとしてます。

ただ、ボケキャラだけでは限界があります。

一度、自分を見直して、他の人より長けた芸術性で再びテレビに戻ってくるのを待ってます。

大野智くんの再就職先は芸術性を生かした仕事になるでしょう。

2020年12月31日まで脚光をあびて大変なこともあると思うけど、大野君頑張ってね!

『嵐』がいなくなる寂しい話題をよそに、K-POPは次々と話題を呼んでます。

スポンサーリンク

BTS x TXTのコラボ ショートフィールム

バンタンの弟分としてデビューするTXTが遂に防弾少年団とコラボをしました。

2019年1月26日に公開されたバンタンとTXTのコラボ映像です。

BTSとTXTの所属事務所Bighitエンターテイメントは次々とTXTのデビューに向けYoutubeで配信をしてます。

Youtubeにアップすると1日で100万再生回数の視聴数があります。

ただ、この動画は1日たっても6400回再生回数。

ちょっと少ないですね。

たしかに、見ても何をやりたいのかわからない感じ。

Youtubeのコメントやいいね!が少ないですね。

ちょっと失敗感があるのかな。

せっかく初めてのBTSとのコラボ映像だったのにね。

みんなこのYoutubeを見ての感想を教えてください。

 

そして、たった今2時間前に新しい動画を配信しました。

Questioning Film What do you see?(SOOBIN)スビン

リベンジーなのかな?

スビンの綺麗な顔立ちが魅力の映像です。

この動画は2時間で200万再生回数があります!

スゴッ!さすがTXT!

デビュー前からスゴイ勢いです。

日本のアイドルJ-POPもK-POPに負けないようやってほしいことがあります。

J-POPとK-POPの大きな違い

J-POPのほとんどは、街で歩いていたイケメンをスカートして、すぐにデビューさせてます。

J-POP歌やダンスに力がなくてもイケメンならOK。

逆に小さい頃からレッスン生としてきた子は、ほとんどデビューができない。

街でスカートしてデビューしたアイドルの裏方でダンスをして飾りで終わっちゃいます。

逆にK-POPはどうでしょうか?

K-POPは、みんな3年間くらい練習生活からスタートします。

その中で歌やダンスが秀でた人がデビューをしていきます。

所属事務所も売るためのプロデュースをしっかりしていきます。

AKB48をプロデュースした秋元康さんもK-POPをプロデュースしてますしね。

これでは、J-POPはK-POPに勝てませんよ。

日本の国民的アイドルが誕生するのを待ってます!

スポンサーリンク

 

まとめ

『嵐』の活動休止は寂しいです。

でも、もう40歳になろうとしている『嵐』

これは時代の流れから仕方ないですね。

『嵐』に変わる国民的アイドルは、しばらくでないのかな。

それに対しK-POPは『防弾少年団』の活躍がスゴイです。

韓国の国民的アイドルとしてだけでなく、日本、そして世界で活躍をしています。

そして、2019年1月に防弾少年団の弟分TXTがデビューすることが決まりました。

すでに、世界に向けYoutubeでプロモーションを行ってます。

デビュー前からスゴイ勢いです。

J-POPの国民的アイドルだった『スマップ』が消え。

2020年には『嵐』が活動を休止してしまいます。

J-POP国民的アイドルがいないさみしい時代に突入します。

そこで、提案です。

これからのJ-POPはK-POPのように、練習生として訓練をして完全なプロを輩出していきませんか。

でないと、J-POPはK-POPに完全に負けてしまいます。

J-POPなんとかしてください。

応援するので、よろしくお願いしますね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です